糖化予防で老化予防

糖は上手く取ると若返る
と先日テレビで放送されていましたね
これを見た方も居ると思いますが
見ていない方へ向けて
少し簡単にお伝えしようと思います。


まず糖というと…ケーキやクッキーなどに入っている砂糖の糖、フルーツなどに含まれる果糖、また糖と食物繊維で出来ている
炭水化物も糖ですね。

一般的に糖は体に入って活動に
必要なエネルギーとなりますが
糖を取りすぎると
使わない糖が血液の中でたんぱく質と
結合して老化原因のエージーイー(AGE)
が発生してしまいます。
そしてAGEは体の中の何処でも
蓄積されまうので
その結果…
骨にも溜まると骨粗鬆症になったり
シミやシワなど女性には致命的な
肌の老化も起こしてしまうそうです。
実年齢よりもマイナス10歳老けるそうです。
糖の取り過ぎは本当に怖いですね。

そして
糖を取りすぎる事を糖化というそうですが…
糖化になりやすい人の傾向もあるようで…
睡眠時間が6時間未満の人
タバコを吸う人
朝食を摂らない人
早食いの人
こういった傾向がある方は
特に気をつけないといけません。
老けたくないですもんね。


次に糖化の対策としては
①食後の血糖値を上げにくくすること
②糖とたんぱく質の合体を防ぐ食品の摂取
のこの2つを気をつける事だそうです。


まず①としては
血糖値あがると糖化が起きやすいので
摂取する糖の量を減らすことも大切ですが
食べ方の工夫をするだけでも
改善するそうです。
まず、炭水化物はたんぱく質や野菜と一緒に
食べて血糖値を上らせないようにしたり
お米そのままで食べずに
野菜肉を一緒に食べるなどの工夫をする事が
大切なようです。
牛丼や玉子うどんにしたりですね^ ^
もちろん食べ順によっても変わるそうで
これはよく言われている野菜から先に
食べるというのもやはり良いそうですね。

 次に②の糖とたんぱく質の合体を
防ぐ食品としては
サニーレタス、春菊、プチトマト、ごぼう
飲み物としてはルイボスティーなどです。
また
水溶性食物繊維の納豆や納豆に
酢を混ぜて食べたり
まだ研究段階みたいですが
ヨーグルトのうわずみの液
を摂取する事も合体を防ぐ事に
良いとされるようです。


甘いものばかり食べることや
炭水化物ばかり食べ過ぎたり…
自分の好きな物ばかり食べていては
太るだけでなく内側や外側の老化も
招いてしまうんだと
認識する必要がありますね。

「食べた物から身体ら作られる」
まさにその通りですね。

Natural hills ナチュラルヒルズ ブログ

食べ物のもつ物語を探る。 本物の食を提案するフードブランド。 ナチュラルヒルズ

0コメント

  • 1000 / 1000