冷え症について

こんにちは^ ^

朝晩は冷え込んだかと思えば、昼間の日が差す時間帯にはポカポカして少し暑いくらい。
寒暖差が激しい日々が続きますね。

そして私は前回も書きましたが
冷え性に悩ましい時期に入っています。


冷え性とはなんぞや?から
入っていこうと思っていますが
冷え性とは…
「血行不良によって、体の末端部分が他の
部分に比べて極端に冷たくなること」
とされていて
血行不良の結果、血管の少ない手足や腰の血液の量が少なくなって、手足が冷たくなったり、腰が冷えるなどの症状が現れてきます。

冷え性は不快な症状ではありますが
西洋医学では病気としては
捉えられていません(´・_・`)
なので私も医療機関に勤めておりますが
残念ながら処方箋は出しては頂けません
( ;  ; )笑

ですが
自律神経失調症、貧血、低血圧、動脈硬化などがある場合は必然的に起きてくる症状の1つなのです!!
その理由は
血液量が少ない(貧血)
血液の流れる力が弱い(低血圧)
血流が悪い(動脈硬化)
などの理由が考えられます。
末端部分の細い血管まで血液が流れないのでこういった事が起こってしまいます

また自律神経の乱れも冷え性を引き起こしてしまう要因と言えます。
体温調節機能をつかさどるのが自律神経で
寒い時には血管のさを収縮させ、体温が逃げるのを防ぎ、暑い時は血管を拡張させて体温を発散させています。その自律神経が乱れると必要以上に血管を収縮させてしまったりするために冷え性を引き起こしてしまいます。

女性 はストレスや更年期でも
自律神経は乱れるので注意が必要です。

そして冷え性は病気ではないので
日々の食事で少しでも改善していく事が大切ですね^ ^
①五大栄養素をとる(炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル)
②体を温める食べ物を選ぶ
(生姜・ニンニク・牛肉・納豆等)
③体を冷やしてしまう食べ物は加熱調理で対応して摂取する(きゅうり・なす・あさり・鮭)

①を全て補おうと考えると栄養士さん並みに
大変になるので、私は冷え性対策として
鮭のクリーム煮にプラスして
黄金生姜パウダーを入れて朝飲んでもいます
 ^ ^
スムージーだけでは寒いので←笑
夜に作り置きしているクリーム煮も摂取して
朝からポカポカして出勤してます♡
日々の継続ですね^ ^

Natural hills ナチュラルヒルズ ブログ

食べ物のもつ物語を探る。 本物の食を提案するフードブランド。 ナチュラルヒルズ

0コメント

  • 1000 / 1000