アメリカと日本のサプリメントの位置づけ。

アメリカでは日本と違いサプリメントの文化が浸透し、市場のシェアも日本の何倍もあり健康に対する意識も高まっています。ある州では砂糖に税金をかけるなどの取り組みが始まっており本格的に健康ブームが来ているのが分かります。サプリメントも進化し、様々なタイプが販売され年々改良され進化しています。


米国サプリメントが優れている理由 は、日本の厚生労働省にあたる 米国政府機関のFDA(アメリカ食品医薬品局)世界一厳しい検査があることです。 サプリメントに関しても書類上の審査だけでなく、 治験による承認審査を行なったうえで許可する体制を採っています。 FDAの許可がない限り、米国ではサプリメントを販売することができません

日本の法律では「サプリメント」は「食品」という位置付けであり、 「医薬品」ではないため効果や効能を謳ったり保証することはできませんが、 米国では、食品と医薬品の中間的存在である 「サプリメント」(栄養補助食品)が明確に定義されています。

DSHEA法 1994年、米国で ダイエタリーサプリメントヘルスアンドエデュケーションアクト (DSHEA法)=栄養補助食品健康教育法が成立しました。 DSHEA法の大きな柱は、従来の2分類に加え、 新しい「ニュートラスティカル」(中間自然成分)と呼ばれる 中間に位置する分野を確立したことです。

この名称は、法案検討に早くから関わってきた ステファン・L・デフェリス博士が生み出しました。 「ニュートラスティカル」(中間自然成分)とは、 自然成分からなる有効成分があるもの、 つまり「食品」でありながら「薬」のように作用する製品です

認定されるためにはかなり厳しい審査をパスしなければなりません。 一般的に科学調査で安全性、安定性が認められ、 動物実験による完璧なデータが出ていること、 さらに人体においても100パーセントの 明白な効果データが出ていることが要求されます。

サプリメントの効能を謳えるようになった DSHEA法の成立により、 それまで食品扱いだった栄養補助食品が ニュートラスティカルという分類下に据えられました。

DSHEA法ではサプリメント製品のラベルに情報表示が義務付けられ、 薬のような作用があること 科学的な調査により、安全性と安定性が認められていること 動物実験によるデータが完全であること 人体においてもデータによる完璧な効果が認められていれば効能を表示することが可能となりました。 

このDSHEA法により米国サプリメントの利用者は 効能を知ることができるようになったのです。

日本もこういった薬以外の民間療法を中間(ニュートラスティカル)と定めしっかりとした定義を打ち出し、人々の健康に少しでも役立てる制度の確立が必要になるでしょう。

Natural hills ナチュラルヒルズ ブログ

食べ物のもつ物語を探る。 本物の食を提案するフードブランド。 ナチュラルヒルズ

0コメント

  • 1000 / 1000