鹿児島県大隅半島。

鹿児島県大隅半島では2,541平方キロメートル。総面積の65%が森林で占められている緑の半島で総人口は約30万人です。

主な産業は農業・畜産で、日本の中でも代表的な生産拠点で、日本初のクローン牛が作られた国立施設肉用牛改良研究所などがあります。

農業の生産量も高く、夏や冬に二度収穫する二毛作を採用し、高い生産量を誇っています。

さつま芋の生産も盛んで、鹿児島焼酎の森伊蔵や魔王はここ大隅半島で製造されています。

有機農法において大隅半島は日本でもたくさんの品種に適用しておりオーガニックのお茶などが有名です。

ナチュラルヒルズのオーガニック生姜もここ大隅半島で育ちます。

豊かな環境で育つ農作物は日本の胃袋を支えているのです。

※大隅半島のさつま芋畑

Natural hills ナチュラルヒルズ ブログ

自然の恵みで健康に。 食べ物のもつ物語を探る。 本物の食を提案するヘルシーフードブランド。 ナチュラルヒルズ

0コメント

  • 1000 / 1000